肩幅の広さに悩んでいます。

私が自分で感じる、そんな私のコンプレックスとは何かなと考えてみました。

小さなコンプレックスはたくさんあるのですが、そのような中でも一番は「肩幅の広さ」です。
いわゆる「いかり型」と、世間では言われているものだと思います。

子供の頃から、背丈は少し高めの方ではありましたが、あの頃は肩幅は細めだったと思うのですが・・。
よく「○○ちゃんは細すぎるよ~」と言われ、そのようなあだ名をつけられていたほどです。

それなのに・・なぜこんなに肩幅が広くなってしまったのだろうと・・とても残念に思っています。

その悩みを家族に打ち明けると、「肩幅が広い人は着物が似合うんだよ」と言われます。
だけど、「着物を着る機会なんて、ほとんどないのに・・」と私は思います。

やはり洋服を着るときには、女性は肩幅が細目の方がかわいいですよね。

私は女性の場合には、やはり少し華奢な体つきをしている方が魅力的だと思うのです。
テレビ番組で見るアイドルの女の子を見ても、細身の体つきで、男性が「守ってあげたい・・」と思うのだろうなと感じます。

その感覚が私にはうらやましくもあります。

肩幅の広い女性というものは、どうしてもがっちりして、頑丈に見えますよね。
「自分だけでも生きていけるだろう」と思われるのではないかと・・、少なくともか弱くは見えないと思うのです。

コンプレックスに感じているもののひがみかもしれませんが、そう思ってしまうのです。

私の知人には、男性なのに肩幅が狭いことで悩んでいる人がいます。
「ほんとうに・・お互いに取り換えたい気持ちになるよね・・」と笑いながら話すことがあります。

でも、私にしてもその男性にしても、顔では笑っていても心では泣いているのです。

やはり、男性らしさというものは肩幅ががっちりしているもの、女性は細い方が可愛いですから。

オリンピックの水泳の選手は肩幅が広いですよね。
男性の場合は、それが本当に素敵でかっこいいなと思います。

でも・・女性の場合には、やはり気にしているのだろうなと感じています。

男性らしさ、女性らしさということを考えた場合、肩幅の広さは大きなコンプレックスになります。

今はもう解決していますが、毛深いこともコンプレックスのひとつでした。小学生のころはプールとは本当に嫌でしたね。中学に上がってからは自分で剃刀で処理をするようになったものの、余計に毛が濃くなったり、肌が赤くなって荒れてしまったりして、本当は毎日でも剃っていたかったけれど、それができずにいつもチクチクの肌をしていました。

高校になってもそれは続いて、短大生になった時にバイトでお金を貯めてレーザー脱毛に通いました。埼玉にすんでいるので埼玉でも有名な美容外科でレーザー脱毛をしました。金額的には学生の私には厳しいところもありましたが、コンプレックスを解消するためには脱毛に通うしかなった方ので必死でアルバイトをしてお金を稼いでいました。

ちなみに私がレーザー脱毛を行ったところはコチラです⇒レーザー脱毛埼玉

ムダ毛を悩むことなく、色々な服を楽しみたい!面倒なことなくムダ毛が存在しないツルツルの完璧な肌を勝ち取りたい!こういった願いを簡単に実現してくれる言ってみれば救いの神が、脱毛エステサロンなんですよね・・・

光脱毛は完璧にムダ毛をなくす永久脱毛とは色々と違います。端的に言えば、時間を掛けてて繰り返し処理してもらい、最後に永久脱毛をしてもらった後にかなり近い状況になるようにする、という医療行為にはならない脱毛法です。
肌を痛めないように配慮しつつ、ムダ毛の悩みを解消してくれる有益な施設が脱毛エステです。脱毛エステは誰でも、手軽に活用できる料金に設定されているので、そこそこチャレンジしやすいサロンではないかと思います。
美容クリニックのような国が指定した医療機関でなされている、完璧に毛が生えていない状態にする永久脱毛や、結構な高出力による医療レーザー脱毛にかかる費用の総額は、トータルで見ると確実に毎年徐々に安い方にシフトしつつある印象がありますね。

 

 

消費者金融の日本ファイナンスの即日融資

あまり知っている人は少ないかもしれませんが、消費者金融の中に日本ファイナンスという会社があります。日本ファイナンスは契約内容の丁寧な説明から始まり、契約後は返済の相談や債務カウンセリングの内容まで、借りる人に喜んでもらえるようなサービスをモットーとしているようです。

消費者金融からお金を借りる際に重要な利息ですが、日本ファイナンスは15.0%~20.0%となっています。利息制限法内に収まっているので問題はありませんが、最近の大手消費者金融や銀行カードローンはかなり金利を下げてきているので、ちょっと他社に比べて利息は低いとは言えない金利かなと思います。

貸付金額は300万円以内で、日本ファイナンスの審査によってきまってきます。50万円を超える金額を希望する方や、他社を含めた借入金額が100万円を超える場合には、源泉徴収票や確定申告書といった収入を証明する書類が必要になります。希望額が50万円以下の場合でも収入証明書が必要な場合もあるので注意してくださいね。

日本ファイナンスは山口県に本店を構えるお店なのですが、日本全国からの申し込みを受け付けているので、山口県以外の方でも審査のうえ利用することができるので申し込みしてみましょう。

気になる即日融資に関してですが、日本ファイナンスの即日融資は各店舗での店頭融資の場合のみ即日融資が可能となっています。ですので、店舗に行くことができないという人は即日融資は不可能ということですね。

その場合には、振り込みでの融資となるため、郵送で契約書類などを交付しないといけませんので、融資するまでに数日間かかります。

ですので、日本ファイナンスの店舗に行けない方で即日融資をどうしても受けたいという方は、他の消費者金融から借りるようにしましょう。大手の消費者金融ですと、全国どこでも即日融資が可能になっていたりしますからね。

参考になるサイトを貼り付けておきます。
⇓⇓⇓⇓⇓
即日中にお金を借りる|急ぎでも安心・即日審査のスピードキャッシング
ちなみに日本ファイナンスの店舗ですが、山口県の宇部店、周南店、下関店の3か所となります。この3つですとどこも友人ですので、その日のうちに借りられる可能性が高いですよ。

電話番号は

宇部店・・・0836-33-9234
周南店・・・0834-32-3380
下関店・・・083-234-3544

となっています。どこも営業時間は9時~18時となっています。

結構きつきつだと思います

我が家は旦那、専業主婦の私、3歳になる娘の3人暮らしです。
旦那の手取りは22~23万円なので、これで3人が生活していくのは、あまり余裕が感じられないように思います。

家計の内訳ですが、まずは固定費です。住宅ローンが7万円、夫婦の医療保険が6,000円、ネット接続料金が6,000円、携帯代が10,000円、旦那お小遣い20,000円です。
変動する部分については光熱費が、安い時で10,000円程度、多い時で25,000円ぐらいかかります。

食費35,000円、日用品5,000円、医療費10,000円、娯楽5,000円、子どもにかかるオムツ代、服代などが5,000円です。他にはガソリン代が5,000円、交際費が5,000円ぐらいです。

これを目安にしているのですが、実際には毎月もう少しかかっています。
その理由としては、冠婚葬祭など付き合いが多いことがあります。旦那の実家の側が付き合いを大事にしている家庭で、私達にも色々プレゼントをくれたり、おごってくれたりするのですが、こちらもお返しをしないとと思いお金がかかります。

こういうのを旦那に言うのもちょっと引け目を感じるのですが、私としてはあまり付き合いしたくないというか、お金がこちら側もかかるような付き合いはしたくないと思っているのがほんとのところです。

ときどきそういう集まりなどで、何かを買っていかないといけない時にお金が足りないというときは、主婦である私がお金を借りていることも多いのです。旦那には内緒で。

お金なんて借りたくないんですけどね…。借りないとやっていけないという状況があるのでしょうがないとしか言いようがないのです・・・。

他には医療費が少し高めです。私は歯科、婦人科にかかっていますし、旦那も内科、耳鼻科、外科などにかかるために費用がかかるのです。
ボーナスが出るので、それを当てにして貯金をしている状況です。ボーナス目当てで貯金というのもちょっと怖い部分がありますよね。最近ボーナスが出なくなったという会社もよく聞きますし。